« 英単語を自然に暗記する方法 | メイン | 英語発音の難しい部分 »

TOEFLスピーキング対策

2010年09月20日



TOEFLテストの今もっとも日本人にとって問題になっているのがスピーキングです。

とにかく、話せばいいというものではなくちゃんと話がロジカルであることも必要になります。
そこで、文章構造を考えていかないといけないでしょう。

そこで、どうやったらいいのかを考えてやったらいいのか。

文章構造は

はじめ
証明
結論

はじめの部分で自分の言いたいことや意見をいうことです。
そして、理由を3つ程度根拠を言う。
最後にはじめと同じことを言うことです。

これがアメリカではエッセイ(日本では小論文)の定形構造となっています。


この構造は日本でも教えている人が多いですが、実際はほとんどができません。

このような流れを自分で何度か考えて後は予備知識があれば少しの発音が悪い場合でもハキハキしゃべればいいわけです。

そのことをしっかりと考えてやっていけば大丈夫なのです。





投稿者 ymlojpjp : 2010年09月20日 16:17

テンプレート
  • seo
楽天ウェブサービスセンター