« フランス人ハリウッド俳優の英語学習法(英語学習記事) | メイン | 語学留学のメリット・デメリット »

ロッキー青木のアメリカ挑戦(英語学習記事)

2009年10月07日



ロッキー青木は多分日本人経営者としてアメリカでソニーの盛田氏など
と同じくらい有名な日本人です。

ベニハナというレストランを起業して億万長者となったのですが
それまでにアイスクリームを屋台のような形で売ったりしたという
ことらしいです。

そこで彼の英語は全く上手いレベルではなかったらしいです。
ただ、レスリングをやっていてそこからアメリカで
夢を掴もうと躍起になってお金儲けをしていたとか。

そこで考えられるのが人間には欲があります。

その欲によって英語ではなくアメリカでお金持ちになるという
ことだけを考えていたので英語自体はそれに付随した
ただの付録だったのでしょう。

ロッキー青木のような英語がダメだった日系人が
アメリカで成功しているのはこのような英語より
さらに先にある目標があったのでその言語的な劣勢を
乗り越えたのでしょう。

果たしは私たちは英語の先に何を見出すのかと
考える必要があるようです。

参考

人生死ぬまで挑戦だ

現在ランキングインしています。しかも上位です。
確認は下記をクリックしてください。
人気blogランキング



英語学習とビジネスを洋書で学ぶのトップへ



投稿者 ymlojpjp : 2009年10月07日 22:26

テンプレート
  • seo
楽天ウェブサービスセンター