« 洋書学習で英語を覚える必要はない(英語学習記事) | メイン | インターネットで英語を読んで単語が分からない時にする方法(英語学習記事) »

ハリウッド映画と英語学習はそぐわないという話(英語学習記事)

2004年10月23日



誰だったか忘れましたハリウッド映画での英語学習はあまり 相性がよくないようなことを言っていたのを 覚えています。

それは映画は会話であるから口語体は一番むずかいという 話でした。

どこかで読んだか聞いたのですがわかる方がいれば 教えてください。

さて、それはいいとして。

問題はハリウッド映画は世界配給をしていますよね。
つまり、万国共通すごいおもしろいとか恐いとか 思わせているわけです。

これはアメリカが他民族国家で極端な話映画が分からないでも 内容が理解できるような映像を制作しているというのです。

実際、スピルバーグはこんなことを言っています。

映画の音を消して映像だけ見てもおもしろいと思える映画は パワーがあるということを言っていました。

判断基準はさまざまですが日本でしか理解できないような ものではなく世界で理解できるから語学力がなくても ある程度わかると言うことです。

実際に字幕なしの映画でもハリウッド映画は内容が理解できます。 映像的なストーリーで見せているのでしょうね。

ハリウッド映画というのは英語学習にそぐわないということではなくて 私はハリウッド映画英語を必要としない部分があるため 英語がある程度分かってしまえばいいので学習という 感じにならないという意味かも・・・。

ただ、よく映画の英語を聞いていると汚い言葉は確実に
覚えています。

逆に詩のような言葉はあまり覚えていないですよね。

現在上位ランクイン中!!このサイト結構人が来ています。感謝! 人気blogランキング



英語学習とビジネスを洋書で学ぶのトップへ



投稿者 ymlojpjp : 2004年10月23日 22:36

テンプレート
  • seo
楽天ウェブサービスセンター