« ブログという新しい情報発信(英語学習記事) | メイン | ハリウッド映画と英語学習はそぐわないという話(英語学習記事) »

洋書学習で英語を覚える必要はない(英語学習記事)

2004年10月23日



以前、英語を勉強していた時に一番の難関は完全に理解する ということでした。

でも、今は完全に英語を理解するのではなく
内容を理解するようにしています。

そこでよく英語の達人が内容を推理することも
英語力の向上に役立つということをいいます。

しかし、それはちょっと問題があります。

ズバリ!どうしても文法的な観点から読んで
それから単語を読んでという感じで読みます。

するとアウトです。

多分、一冊読み終わりません。

そこで私がやるのは単語を読む。

その単語は太い文字やイタリック体になっているような
単語だけ読んで読めたらいいのです。

どうしてもこんなことを言うのかというと
日本語の本も月100冊ほど以前読んでいましたが
ほとんど覚えているのはヒントになることだけです。

アフィリエイトやオークションに興味があるなら
何が儲かるのかどうすれば売り上げがあがるのかという
それだけを考えてみんな読んでいると思います。

でも、洋書になるとその目的で読まず、
ただ英語の文字の意味を気にして読みます。

日本語の本でも100%も理解できないのですから
私ならハリウッド映画の脚本の書き方を知りたいと
本を読む時にどういう風にハリウッドのライターは
書いているのかを絞って読むんです。

するとストーリーの展開はこういう感じにするとか
スピルバーグはこうやっているとかが
読めます。

つまり、実際に読んでいる部分は数えるほどしか
ないし、読めない単語は辞書で引いてそれっきりですが
意味ははっきりとおぼえているわけです。

そうするとドンドンと抵抗感やアレルギーが
なくります。

こんなことにもっと早く気づけばもっと英語が
早く好きになれたのにと思いますが
なかなか本や人が言っていても自分が体験しないと
理解できないんですよね。

現在上位ランクイン中!!このサイト結構人が来ています。感謝! 人気blogランキング



英語学習とビジネスを洋書で学ぶのトップへ



投稿者 ymlojpjp : 2004年10月23日 22:33

テンプレート
  • seo
楽天ウェブサービスセンター