« 洋楽CDを聴いて英語が分かるようになった友人(英語学習記事) | メイン | 官能小説を読んでみる英語で? »

自分の声で英語が話せるようになる(英語学習記事)

2004年10月23日



よく聞こえないということは話せないということだ
というのを聴きます。

日本人が苦手とする発音にRとLだとかTHの発音だとか
色々と言われています。

これは先生から聞いた話ですがある生徒がいて
その生徒はすごく英語が上手いらしいんです。

学校の先生も聞き取れないくらい(笑い)

そこでその生徒がやっていた方法というのが
自分で教科書を読んで録音していたらしいです。

これには2つの効果があります。

一つは自分の発音がダメであることと自分がどういう
感じで話しているかの認識と

2つ目は教科書を丸暗記することができるということです。

それでいつも自分が読んだテープを聴いて
英語を勉強していて自分が気にいらない発音を
再度言い直したり模範のテープが売っていますよね。

あれを聴いて言い直して練習していたらしいです。

そしたらそれらしくネイティブぽっく聞こえて
自分で合格を出すのです。

よく考えたら英語の教科書は普通の本より薄いですから
丸暗記したらある意味早いわけですよね。

この方法はまず自己嫌悪になりやすいので
自分が気が向いた時に徐々にやるのがコツでしょうね。

一度挑戦してみたらいいでしょうね。

現在上位ランクイン中!!このサイト結構人が来ています。感謝!

人気blogランキング



英語学習とビジネスを洋書で学ぶのトップへ



投稿者 ymlojpjp : 2004年10月23日 17:08

テンプレート
  • seo
楽天ウェブサービスセンター