文法と洋書学習

私が一番おもしろいと感じたのがビックファットという本を読んだ時に
文法って教え方で簡単に感じるんだなと思いました。

文法ってすごい難しいですよね。

S+V・・・なんてやっているうちはいいけどダンダンと難しくなるのが
当たり前です。

そこで優しく教えているのがこの本です。
中学生なんかに読ませるといいのではないかと個人的には思っています。

また、この本で書いてあるのが英語ができるようになっている人は
ほとんど洋書を読んでいるというようなくだりです。

ただ、英語アレルギー(アルファベットがいっぱいなのを見るとイライラ)
の人はまず簡単な本を読むのではなく内容を理解するという観点からは
このビックファットは非常にリハビリという意味でもいいのではないでしょうか?

« ソニー式学習法 | メイン